店長日記

こんにちは!店長の山田由美です。

店長日記はこちら >>

携帯ページ

HOME»  店長日記
HOME»  店長日記»  店長日記»  「ロンドンでの朝食」

「ロンドンでの朝食」

「ロンドンでの朝食」

ロンドンでの食事で一番美味しかったものは?

と訊かれたら、迷うことなく「ホテルでの朝食」と答えます。

要するに「イングリッシュ・ブレックファスト」というヤツで、

コーヒー、または紅茶、絞りたてのフレッシュ・オレンジ・

ジュース、けしの実やピスタチオがついていたり、ゴマが

ふりかけてあったりする小型のパン、ミニ・クロワッサン、

定番のトースト、ポリッジ、バター、使いきりサイズの小型の

瓶に入った色々な種類のジャム、パインアップル、マンゴー、

スイカ、メロンなどの新鮮なフルーツをカットしたもの、薄く

スライスされたハムとチキンの胸肉のロースト、ソーセージ、

トマトのオーブン焼き、白いんげん豆の煮込み、

黒いソーセージ、目玉焼き、スクランブルド・エッグ、

ジャガイモのソテー、

「これがヨーグルト?」と信じられないようなこくのある

ヨーグルト・・・・

ちょっと思い出すだけでも、これだけ出てくるのです!!

普段は、コーヒーにビスケット2,3枚という極シンプルな朝食を

とっているのですが、ロンドンでは、「これでもか」というくらい

食べました。

パンとかバターとかそういった基本的なものが何しろ

おいしかったからてず。

さて、夕食はといいますと、歩き疲れているのであまり遠くには

行きたくない、そうかといってホテルで夕食を取るのも

つまらない、という訳でなるべくホテルの近くのレストランで

食べました。 これといって特別おいしい料理は見つけられ

ませんでしたけれど、強いていえば「現代風インド料理」と

いのがおいしかったかな、という程度です。

ある晩の事、日本から持っていった「ロンドンで美味しく安く

食べられるレストラン・・・」みたいなガイド・ブックで探した

ところ、ちょうどホテルから地下鉄で二駅のところに、

おすすめ「クスクス料理の店」と「手打ちパスタの店」が

載っていたので、まずはクスクスの方へ行ってみました。 

ところが、その店はつぶれてしまったと見えて、本に書かれて

いた住所は、旅行エージェントのものになっていました。

「仕方が無い、じゃあ手打ちパスタにしよう」。

地図で見たら、この二軒のレストランはそれ程離れて

いなかったので歩きました。

ところが、また、これが落とし穴で、ロンドンは広いので、

地図ではほんの近くに見えても実際に歩くとすぐに

2キロメートルくらいになってしまうのです。

ようやくたどりついたら、「手打ちパスタ」の店は「中国料理」

の店に替っていて、しかも休みでした。

そうこうしているうちに、時間も遅くなってきましたので、

行き当たりばったりでイタリアの国旗の絵が描いてある

レストランに入りました。 イタリア料理だと思ったら、なんと

メキシコ料理、しかもレストランの若いマダムはロシア人

なので、お客さんは知り合いと見受けられるロシア人のみ、

というなんとも不思議なレストランでした。

でも、味はまぁまぁでしたよ。

 

 

2012-04-03 11:53:00

店長日記   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://www.kira-webshop.com/app/TrackBack/receivetb/SID/s9411025/EID/159

トラックバック記事一覧