店長日記

こんにちは!店長の山田由美です。

店長日記はこちら >>

携帯ページ

リンク集

選りすぐりのショッピング情報サイト Plat Park

ハウジングバザール キラリ!生活情報

コミュサイト

HOME»  店長日記
HOME»  店長日記

店長日記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

「ロンドンでの朝食」

ロンドンでの食事で一番美味しかったものは?

と訊かれたら、迷うことなく「ホテルでの朝食」と答えます。

要するに「イングリッシュ・ブレックファスト」というヤツで、

コーヒー、または紅茶、絞りたてのフレッシュ・オレンジ・

ジュース、けしの実やピスタチオがついていたり、ゴマが

ふりかけてあったりする小型のパン、ミニ・クロワッサン、

定番のトースト、ポリッジ、バター、使いきりサイズの小型の

瓶に入った色々な種類のジャム、パインアップル、マンゴー、

スイカ、メロンなどの新鮮なフルーツをカットしたもの、薄く

スライスされたハムとチキンの胸肉のロースト、ソーセージ、

トマトのオーブン焼き、白いんげん豆の煮込み、

黒いソーセージ、目玉焼き、スクランブルド・エッグ、

ジャガイモのソテー、

「これがヨーグルト?」と信じられないようなこくのある

ヨーグルト・・・・

ちょっと思い出すだけでも、これだけ出てくるのです!!

普段は、コーヒーにビスケット2,3枚という極シンプルな朝食を

とっているのですが、ロンドンでは、「これでもか」というくらい

食べました。

パンとかバターとかそういった基本的なものが何しろ

おいしかったからてず。

さて、夕食はといいますと、歩き疲れているのであまり遠くには

行きたくない、そうかといってホテルで夕食を取るのも

つまらない、という訳でなるべくホテルの近くのレストランで

食べました。 これといって特別おいしい料理は見つけられ

ませんでしたけれど、強いていえば「現代風インド料理」と

いのがおいしかったかな、という程度です。

ある晩の事、日本から持っていった「ロンドンで美味しく安く

食べられるレストラン・・・」みたいなガイド・ブックで探した

ところ、ちょうどホテルから地下鉄で二駅のところに、

おすすめ「クスクス料理の店」と「手打ちパスタの店」が

載っていたので、まずはクスクスの方へ行ってみました。 

ところが、その店はつぶれてしまったと見えて、本に書かれて

いた住所は、旅行エージェントのものになっていました。

「仕方が無い、じゃあ手打ちパスタにしよう」。

地図で見たら、この二軒のレストランはそれ程離れて

いなかったので歩きました。

ところが、また、これが落とし穴で、ロンドンは広いので、

地図ではほんの近くに見えても実際に歩くとすぐに

2キロメートルくらいになってしまうのです。

ようやくたどりついたら、「手打ちパスタ」の店は「中国料理」

の店に替っていて、しかも休みでした。

そうこうしているうちに、時間も遅くなってきましたので、

行き当たりばったりでイタリアの国旗の絵が描いてある

レストランに入りました。 イタリア料理だと思ったら、なんと

メキシコ料理、しかもレストランの若いマダムはロシア人

なので、お客さんは知り合いと見受けられるロシア人のみ、

というなんとも不思議なレストランでした。

でも、味はまぁまぁでしたよ。

 

 

2012-04-03 11:53:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

「ロンドンの地下鉄」

ロンドンの地下鉄は何でも世界最初にできたそうで、

なるべく効率良く工事を進めるためには「円筒状」に掘ることに

決められ、その為に、地下鉄の通る空間、地下鉄の車両、

駅内の通路、全てが円筒状です。 そして、狭いです。 

車両の入り口付近は円筒状のあおりをくって、上背のある男の

人は身をかがめる必要があります。

座席に座っている人たちは結構、のびのびと脚を出して

いたり、脚を組んだりしているので、脚と脚の隙間は狭いところ

では50cmくらいしかありません。

キャシーにこの夏のオリンピックの事について話したら、

「私は全然興味がないの、まぁ、せいぜいテレビで見る

くらいね。 それよりも、その期間、地下鉄が混むことを思うと

その方が気になるわ」。

と言っていましたけれど、確かにこの狭さで普段の何倍もの人

たちが利用するとしたら、大変だろうなぁ、と想像しました。

オリンピックを控えていて、ロンドンは交通機関の整備に

追われていて、地下鉄も、ウィークエンドは、路線ごとに

メンテナンスを行うために順繰りに閉めてしまいます。

でも、市内は網目のように地下鉄の色々な路線が張り

巡らされているので、「乗り換え」「乗り換え」で目的地に

着くことは可能でした。

 

2012-04-02 09:58:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

「トレーシーの場合」

ロンドンの東部にあるスピタルフィールド・マーケットで

トレーシーに出会いました。

遠くからでも、特別にインパクトの強いスタンドに引き

寄せられてゆくと、そこにトレーシーがいました。

「ここにおいてある商品はすべて、私のこの二つの手で

作り出したのよ」、と陽気に話しかけてきて、私がカードを

一つ選ぶ度にそれを作った時のエピソードを話してくれた

のです。 

「うわぁ、このカード選んでくれて嬉しい!! 見て見て、この

靴の写真のバックが青、赤、黄色の三色でしょう?

この三つのカラーと全く同じものを見つけるのに苦労したの」。

トレーシーのたくましい所はなんでも自分で作ってしまう、

ということです。 カードを入れる紙袋まで古雑誌やラッピング・

ペーパー、麻紐などを活用して一点ずつ違うものを作ります。 

買ったカードの数だけ、お手製の紙袋もくれました。

それらが凄い嵩になって、何回もよほど捨てようかと迷った

のですが、やはり心のこもったものだと思うと捨てられず、

持って帰ってきました。

「ウェブ・ショップを開きたいので、今、週四回パソコン・スクール

に通っているの」。

カードを開いてびっくり、時には4ページも5ページも中に

ついているのです!!

「私の主人は仕事でしょっちゅう旅行、家にはティーン

エージャーの子供が三人いるし、忙しいことといったら!!」。 

彼女が作っているのは、グリーティングカード、ブックマーク

(しおり)、タグなどですが、それぞれにテーマがあり、

手間暇を惜しまず、本当に楽しみながら作っている

ことが伺われます。

彼女は立派なアーティストです。

 

 

 

2012-04-01 11:41:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

「キャロラインの場合」

キャロラインは二月ほど前から取引を始めたカード会社の

人です。 メールのやり取りをしているだけでは相手の

年齢はわかりません。

どういう訳か、とても若い女性のような感じを受けて、ロンドン

へ行く前には、キャシーにプレゼントしたのと同じ、着物姿の

ちりめんで作ったテディベアをプレゼントしようと考えて

いました。 ところが、なんとなく予感がして、それはとりやめに

して、パリで13才の少女にプレゼントし、キャロラインには

京都のおせんべいだけを持ってゆきました。

それが正解だったのです。

ロンドンの北端にある区役所の中にオフィスを構える

キャロラインは、なんと私と同年輩の女性だったのです !!

午後3時に着いたので、ちょうどお茶の時間。

「イングリッシュ・ブレックファスト・ティーとアール・グレーと

どちらがいいですか?」。

「アール・グレーでお願いします」。

不思議と、ロンドンのホテルでも全く同じ質問を受けました。

これだけ種類が豊富にティーがあるというのに、どこへ行っても

二種類しか提案されないのですよね、まぁ、この二種類が

一般的なのでしょう。

キャロラインのオフィスへ行った目的は実際にカードを見せて

もらう事。

それまでも、その会社のサイトやカタログでカードの写真は

見ていましたけれど、イラストの部分のみを集約してあるので、

それぞれのカードのサイズ、封筒つきかどうか、ついているの

ならそのカラーは???

と、私の頭の中は疑問符だらけだったのです。

次々と出してくれるカードの種類があまりにも多いので、

少々混乱し始めました。 この会社からはまだ、一種類しか

輸入していなかったので、それに続くシリーズをいくつか

選びました。

彼女の一番のお得意さんは老舗、リバティーだそうで、

もう10年来のお付き合いだそうです。 そういえば、彼女の

カードを一番最初に見たのもリバティーのステーショナリー・

コーナーでした。

この会社の特徴は、15人のアーティストによる、100%手作りの

カードを販売している事です。

すでに、3,4人のアーティストを選んであったので、それらの

シリーズを見せてもらいました。 一人、リバティーのプリント

生地をそのまま使っているカードのシリーズがありましたが、

ただ「Happy Birthday」とか小さな白地のパネルに書かれて

いる文句が替わるだけで、中はブランク。

リバティーの生地を使うというのは良いアイディアですが、

ンパクトのあるコンセプト、アイディアが見えませんでした。 

そのように、キャロラインに言ったら:

「なんでも言いたいことを言ってください、私が作っているわけ

じゃないから、全然気になりません」。

2,3人明らかに才能があると感じられるアーティストのカードを

選びました。キャロラインはどうも、「リバティー」のカードを

売りたいらしく、また勧めてくるのです。

そこで、また、私ははっきりと言いました。

「すでに選んだ3人のアーティストは才能があるので、カードが

自由でのびのびとしています。でも、このリバティーのは、動き

もリズムも全く無くて、余り面白くないのです」。

「確かに、この作家は才能が無いから、このような方法でしか

カードをデザインすることができないのです」。

キャロラインの率直さに少し驚きました。

でも、お互いに本音を言い合うほうがミーティングとしては、

成功します。 一週間に一回、会うという訳にはいかない

のですから・・・。

一時間半ほどで、ミーティングが終わり、キャロラインにお礼を

言って私はオフィスを去りました。

そのまますぐ、地下鉄に乗る気が起こらなかったので、

良い機会とそのあたりを一時間ほど散策しました。

追記: その二、三日後にリバティー本店のステーショナリー・

コーナーで例の「リバティー」の生地を使ったカードを

数種類みかけましたが、セロファンで包まれ、リバティーの

ラベルが貼ってあるとなかなか立派に見えましたよ。

 

 

 

 

 

2012-03-31 10:18:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

キャシーの場合

(前回から間があいてしまってすみません!!)。

キャシーに連れられて、オープンしたばかりの超ビッグ

サイズのショッピングモール Westfield へ行きました。

キャシーはあまりショッピングをしない、とのことでした。

「ロンドンで何を買いたいの?」。

「アントワンヌの為のジーンズ」。

「じゃあ、 M & S (マークス・アンド・スペンサー)」。

「美味しいチョコレートは?」

「それも、M & S。 じゃなければ、Waitrose

(スーパー・マーケットのチェーン)」。

そして、ランチに連れて行ったくれたのも、M & S内のデリ・

レストランでした。

家族や仕事や色々な話をしてランチが終わり、彼女はオフィス

へ戻り、私はショッピング - といっても、余りの巨大さに

威圧されて結局は何も買わなかったのですが・・・。

キャシーは「もっとおもてなしできなくて、本当に申し訳ない」

と何度も謝っていましたが、普段はお昼を食べない彼女が

ランチに招待してくれた、ということはそれだけでも、大変な

気の使いようだったのです。

おまけに翌日から連続四日間休みを取る予定だそうで、

オフィスに帰ってからの忙しさは想像を超えるもの

だったでしょう。

彼女の目を見ると、「優しさ、誠実さ、利口さ」が

表れていました。

 

2012-03-25 09:54:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

「Cathy, Caroline, & Tracey}

今日帰ってきました。

ロンドンで会った3人の女性。

Cathy, Caroline, & Tracy - キャシー、キャロライン、

トレーシー」

キャシー編:

キャシーは一年半前から仕事で知っています。キャロラインは

二ヶ月前から。

そして、トレーシーは今回偶然に会いました。

キャシーは、一番多く取引している英国のカード・メーカーの

担当者です。 メールではさんざやり取りしていましたが、

会ったのは今回が初めてでした。

17才で今の会社で働き始めて、20年のキャリア。 輸出関係は

全て彼女一人でハンドルしているそうです。

その結果:

朝の7時半から夜の7事半まで働きっぱなし。 昼食もとらない

そうです。

「なぁに、その労働条件、ボスに文句言わないの?」

「ボスには毎日文句言っている。 だけど、仕事が好きだし、

他の人に分けると言ってもその仕事が大変だし」。

「じゃあ、トレード・フェアなんかに行っている間も、誰も代わり

が居ないの?」

「いない」。

朝の10時半にオフィスについて、仕事の話は30分ほど。

その後は、それぞれの日常生活について話しました。

ストリート・マーケットについて質問したら、

「そりゃ、Spitalfield Marketに行かなきゃ」。

すぐに地図をプリントアウト。

ショッピング・モールに関しては、ロンドンで一番新しい

ショッピング・モールWestfield。 地下鉄の地図を出して、

色々説明してくれましたが、

「こうしましょ、あなたと一緒に行ってランチを食べて、

その後ショッピングしたら?」。

ー 続く -

 

 

2012-03-21 20:41:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

「ちょっとセミナーの話」




「2012年 新しい時代のビジネス成功の原則」、これが

セミナーのテーマでした。 

講演者はジェームス・スキナー氏。

最近の著書 「略奪大国」がベストセラーになりつつ

あるので、名前を聞いたことがある方もいらっしゃると

思います。

一部、二部に分かれ、大体二時間位の講演だった

でしょうか、一瞬たりとも退屈しませんでした。

今までに、DVDではスキナー氏の講演を聞いた事が

あったのですが、ご本人を見たのは昨日が初めてでした。

セミナーに参加するというのは私にしては珍しいことです。

最初から最後まで、とても興味の持てる話で行って

良かったと思いました。

半年ほど前から「インフォ・ビジネス」会社からのメル・マガ

が急に増え、毎日なんだかんだ20信くらい受け取りますが、

最近は読むべきものとそうでないものと瞬時に判断すること

ができるようになり、困る事はありません。

パリでファッションの仕事をしていた時は、その時その時の

トレンドをキャッチし、そこから、近い将来のトレンドを予測

するために、15種類位のファッション雑誌を購読して

いましたが、最近では、「インフォ・ビジネス」会社からの

メル・マガ、または昨日のような講演の方が、もっとリアル

に、もっと正確に理解できるような気がしています。

「トレンド」というとなんか、「一時的な流行」という感じで

表面的な 印象を持たれる方もいらっしゃるかも

知れませんが、私が「トレンド」という言葉に込める意味合い

は「価値観の推移」です。

昔のなごりで、今でも「ELLE」と「ELLE DECOR」は

購読していますが、ファッションに関して言えば、50年代、

60年代のファッションの「リメイク」が目につき、もう

「本当に新しいものは生まれる余地はないのかなぁ」

と感じます。

そして、昨日の講演の後で感じたことは、これからの時代、

ビジネスとはいっても、それぞれの「生き方」、「価値観」が

仕事に反映される傾向となり、今までのように

「仕事は仕事」、「私生活は私生活」

と分けられなくなってきているような感じがします。

そして、「全投球」する必要がある事。

この程度でいいだろう、とか、まあまあやった・・・・と

いうのは通用しなくなるでしょう。

そして、全てのビジネスにおいて、「アート」の要素が

不可欠になること、

これは私にとっては「朗報」でした。



 

2012-02-04 12:57:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

「読み始めたら止められなくなる本」

昨日読んだ本ですが、読み始めたら止められなくなって

結局、最後まで読んでしまいました。

越谷オサム著 「陽だまりの彼女」。

中学時代の初恋の相手に10年ぶりに再会、そして彼女には

「記憶喪失」の過去が・・・。

となんだか、「冬のソナタ」を思わせる筋立てですが、

恋愛小説に始まって、段々ミステリーの要素が加わり、

最後はファンタジーで終わるという・・・・意外な小説です。

日本の会社で働く若手サラリーマンの様子や、東京に

あこがれる近県の住宅地に住む中学生たちの様子なんか

はとてもリアルに描写されているのですが、それだけに

終わらず、別なディメンションもあります。

何しろ読んでいて「感じがいい」のです。

彼と彼女の会話もスピーディでわざとらしくなく、

ただ再会してアッという間に親の反対を押し切って結婚

(ここもちょっと冬ソナ的ですね・・・・)、

その時点でまだ本の3/1、ひゃーあ、この後どんな風に

残りの3/2が埋まるのかな、と少し心配しましたけれど、

そんな心配は無用でした。

この本、おススメ。

 

2012-01-21 13:17:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

春の支度

昨晩のことです。

私がソファで本を読んでいたら、ミムーが長ぁーく垂れ

下がっているボストン玉しだの枝と遊んでいて、鉢を

ひっくり返して割ってしまいました。

可愛そうなボストン玉しだは床へ土ごと投げだされ、

横になってしまいました。

「このいたずら猫めっ!!」。

怒るとその瞬間だけは 「モーシワケナイ」というような

表情をしてその場を離れるのですが、私がちょっと目を

離すと、またすぐに元の場所に戻ります。

仕方が無い、鉢を替えなきゃ。

テラスにいる植物たちの鉢の使い具合を見て決め

なければいけないので、昨晩はそのまま。

今朝一番に、植物たちの「鉢の取替えごっこ + 掃除 +

手入れ」をしました。

問題のボストン玉しだは、二つある「本家」から分けて

昨年の春小さな鉢に植えたものです。 

最初の中はなかなか葉がのびず、いつの間にか

忘れていました。

今朝みたら、立派に育っていて、長さが70cm以上もある

葉っぱが何枚も出てる。

なんだ、こんなに大きくなっていのなら、早く植物棚の

一番上の段に変えてあげれば良かった。 

そうしたら、ミムーに倒されることも無かったのに・・・。

まだ一月の中旬ですが、観葉植物たちはそろそろと春の

支度を始めたように見えます。

明るいグリーンの小さな葉っぱの赤ちゃんを見ると

なんとなく希望がわきます。

最近は、新しい植物を買うのは少し控えて、今までに

買い集めた植物を丁寧に世話することにしました。

アントワンヌは、小さい頃から「動物大好き」の子でした

けれど、私はやっぱり「草色系」かなぁ・・・。

でも、煌とミムーは例外ですが。





 

2012-01-15 11:18:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

「英国のバレンタインデー」

 

バレンタインカードをいつもの英国のメーカーから輸入した

は、昨年が初めてでした。

カタログを見て:

「アレーッ?」と思いました。

何故なら、「最愛の妻へ」とか「僕の特別なガールフレンド

へ」とか明らかに男性から女性へ贈るためのバレンタイン

カードがかなりあったからです。

そこで、担当者のキャーに訊きました。

「日本ではバレンタインデーは一方的に女性から男性へ

愛を告白する日とされているけれど、英国ではその逆も

あるの?」。

キャシーからの返事:

「勿論!!それじゃあ、男性はいつ女性に愛を

告白するの?」。

「一月後に『ホワイト・デー』というのがあるの。 

英国にもある?」。

「『ホワイト・デー』というのは聞いた事が無いわ。 

だったら、日本にはそのための特別なカードがあるの?」。

と、逆に質問されました。

このような訳で、kiraのバレンタインカードは英国スタイル

で、男性から女性へ贈るためのバレンタインカードも

揃えてあります。

 

2012-01-14 09:38:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5